divendres, 26 de juny de 2009

L'espanyol al Japó ・日本でのスペイン語

L'Institut Cervantes de Tokio organitzà la setmana passada, la 1ª edició del "Dia E", una diada dedicada a la llengua i cultura espanyola, on hi participaren centenars de japonesos entussiasmats amb la cultura llatinoamericana i espanyola. La didàctica Jornada Cultural es va enfocar en el marc d'una Jornada de Portes obertes de l'Institut que, en prou feines fa 18 mesos que funciona i ja compta amb l'assistència d'aproximadament 700 alumnes d'espanyol a les seves aules. L'ensenyament de la llengua espanyola és tant popular al Japó que actualment, uns 60.000 estudiants de tot el país han triat aprendre espanyol com a 2ª llengua, conmoguts per la nostra riquesa cultural, lingüística (500 milions d'hispano parlants a tot el món) o fins i tot musical. Sabíeu que el Japó és el 2º país després de la propia Espanya que compta amb més escoles de flamenco? Brutal és l'interès que els japonesos demostren per Espanya que, afortunadament no costa gaire de promocionar entre aquest públic tant entregat. Gràcies per facilitar-me la feina, poble japonès!
最近、日本ではスペイン語の人気が高まってきており、多くの日本人がスペイン語の勉強をしているそうです。昔から日本人にとっては、英語が最も大切な外国語でしたが、最近はスペイン語を学ぶ学生が凄く増えて来ました。世界中で4億5千万人がスペイン語を話しているので、スペイン語はとても大切な言葉になっています。
セルバンテス文化センターによると、現在、日本では6万人がスペイン語を学んでいるそうです。また、日本にはスペイン語学科がある大学がかなりあり、スペイン語を教える私立学校も沢山あります。このような背景から去年、東京にセルバンテス文化センターが開館しました。このセンターにはスペイン語コースがあり、スペイン語を研究する勉強会が開かれたり、スペイン文化の講演会や中南米諸国の文化についても講演会が開かれます。先週の土曜日、セルバンテス文化センターで「ディア・E」という特別な集まりがありました。今年からその日にスペイン文化を紹介することになりました。このイベントには数百人が集まり、愉快で楽しい時間を過ごしました。皆さん、スペイン語が話せますか?まだ話せなかったら、セルバンテス文化センターに行きませんか?毎週土曜、7百人ほどの学生が勉強しています。あなたもいらっしゃいませんか?