dijous, 17 de juliol de 2014

夢が実現した『2部分』

2007年はパリに引っ越して、カタルーニャ政府観光局で働いている間、とても素晴らしい経験をしました。パリに住んでいた期間は一年だけでしがわたしにとってはとても長い時間に感じました。パリではフランス語を学んだり、面白い仕事をしたり、沢山旅行をしたりして、時間があっという間に過ぎました。
東京の私の部屋

ある日、事務所で働いていると、突然、スペイン政府観光局から電話がかかってきました。私は電話を置いた後、世界中にあるスペイン政府観光局のオフィスについて、調べてみて、驚きました。世界には20以上のスペイン政府観光局の海外オフィスがあり、2年間のインターンシップのポジションが提供されていました。インターンシップのポジションが沢山あったことに興味を持ち、特に東京のポジションに応募したいと思いました。さらに、ちょうどそのとき、スペイン政府観光局のオフィシャルWebサイト『ツアースペイン』ではインターンを募集していました。その選考プロセスは長くて時間がかかるものでした。しかし、私はまだ日本に行けるチャンスがあると思って、嬉しくなりインターンシップに応募しました。



事務所の仲間と友達になりました
パリに住んでいた期間日本についてばかり考えていたので、パリの生活を十分に楽しむことができませんでした。なぜかというとパリに滞在した時、この選考プロセスの準備をしていたためです。日本語の練習に沢山時間が必要でした。また、選考試験を受けるためにパリからマドリッドに2度飛びました。スペイン政府観光局で働くための試験は難しくて時間がかりました。





東京で初めてできた友達
2007年の初めから2008年の3月まで、ほぼ一年、最終的に日本に行けるか分からない状況で準備を続けました。もちろん、一生懸命勉強を頑張り、良い返事を待っていました。2008年3月の終わり、私は当時の彼と一緒に、メノルカ島で旅行をしていました。その時、母から電話がかかってきたのです。車を運転している場合は止めるようにと母に言われて、突然緊張しました。マドリッドから手紙が戻いたけれど、あけてもうよいかと聞かれて、私は『もちろん!』と答えました。
友達と白川語に旅行した時
私は本当に興奮して、ドキドキして、また大変緊張していました。母はその手紙を最初から読み始め、私は彼女の声に耳をかたむけていました。東京港区のスペイン政府観光局で2年間のインターンシップに選ばれました。おめでとうございます!と言われてすぐ、涙があふれました。本当に東京に行けることが信じられませんでした。私は電話を切ってすぐ、彼に抱きついて喜びました。私の夢が実現したのです。

dimecres, 9 de juliol de 2014

夢が実現した『1部分』

私は子供の頃から、観光が大好きでした。両親はいつも私を旅行に一緒につれていってくれたので、二人とも旅行をすることが好きになりました。そして、旅行をすることは私の趣味になりました。
バルセロナ市内観光バスで働いた期間

しかし、学生の間は、私の仲間が私のことをうらやましがっていたため、自分の旅行についてはあまり話したくありませんでした。友達の多くは夏休みを国内で過ごしていたので、私は自分の経験の方が面白いと思ったので、旅行についてが何も話しませんでした。私の子供時代は仲間よりラッキーだったけれど、恥ずかしく思っていました。

私が初めて飛行機に乗ったのは25年前の5歳の時でした。家族と一緒にバルセロナからマヨルカ島に旅行をしました。現在は幼い頃から飛行機に乗ることは普通のことですが、80年代は珍しかったのです。私はその時からずっと、家族と一緒に世界中を旅行してきました。12歳になったとき、この趣味以外に、日本の漫画が大好きだったので、両親に日本に行かせてほしいとお願いした。そして、14歳の時に初めて日本に旅行をしました。その旅行は私の夢だったのでとても嬉しかったです。両親のおかげで日本に旅行をすることができて、自分の夢を達成することができました。その旅行は私の予想を超える本当に素晴らしい経験でした。

パリに移住した1年間
スペインに帰国した時から、日本語を学びたいと思うようになりました。高校を卒業してすぐ、漫画家になりたかったのですが、最終的にその趣味をあきらめて、大学の観光学部に入学しました。その期間に観光の勉強をしながら、同時に働いていました。バルセロナ市内の観光バスで、ガイドとして働き、色々な言語を学び、良い経験をすることができました。ただし、英語とかフランス語は毎日話すことができましたが、日本語を話せるチャンスはありませんでした。だから、観光学部を卒業してすぐ日本語学科に入学しました。
素敵なパリ、いつでも恋する

そのとき、私の夢をあきらめたくないと思いました。22歳で日本語学科を卒業した後、観光バスの仕事をやめて、パリに移住しました。そこで1年間カタルーニャ観光局のプロモーションの仕事をしながら、とても豊かな時間を過ごしました。パリに住んでいた期間、仕事上だけでなく、個人的にも成長することができました。パリで知り合った友達や仕事の仲間からたくさんの影響を受け、時間がとても速く過ぎました。

つづく

dissabte, 28 de juny de 2014

BACK ・ただいま

'Contrastos' Terrassa Casa Batlló (Barcelona)
Sento haver ignorat el blog desde fa quasi un any i poso la 'feina' com excusa al fet d'abandonar-lo. El 2013 va ser un any molt intens, carregat de noves experiències professionals, fent-me camí cap al món del Guiatge a Catalunya. L'any passat va ser un any de recerca i canvis. Els vaig trobar, em vaig trobar. Començava 2013 tornant a Japó, 3 anys més tard d'haver-hi viscut i aquells 3 mesos allà, van suposar pura energia renovadora. Quan tornava a Barcelona l'abril de l'any passat, em movia l'esperança i la il·lusió de començar a exprimir el carnet que dona entrada a complir els meus somnis. Concentrar-me en Omotenashi Barcelona em brinda encara avui l'impuls i la força que necessito per animar-me a treballar. Guiar m'aporta benestar amb mi mateixa i l'entorn. Sento que he nascut per aquesta professió, pura vocació. 
M'aporta tantes bones sensacions que fins i tot els sacrificis que he hagut de superar per arribar-hi tenen encara més valor. 
'Cales que evoquen somnis' entre Palamós i Calonge
Obstacles i reptes a mig camí de la carrera cap als meus somnis i que puc dir, orgullosa, que he superat. Fa mig any que ha començat 2014, l'any en que per fi, he creuat la meva meta professional. La imatge que projectava de mi fa 5 anys, s'esta fent realitat a dia d'avui. Ja no només sóc guia oficial de turisme habilitada per guiar a qualsevol lloc de Catalunya, sinó que ho puc fer en Japonès. La llengua que fa 10 anys que estudio amb devoció i sacrifici. Em conmou viure petits instants treballant on sento que tot l'esforç d'aquests darrers anys ha valgut la pena. Instants de felicitat que tradueixo en somriures d'emoció, d'apreci i d'entusiasme... Ja he arribat on volia arribar. Aquell moment 'Quan els somnis es fan realitat'. M'omple d'orgull poder compartir amb vosaltres aquesta bonica sensació i desitjo seguir-ne gaudint. Buscaré moments per seure a reflexionar, per comentar aquells pensaments i aquelles idees que venen sovint al cap però que es queden en condicionals si no s'exposen, es contrasten i es valoren. Torno a arrencar amb ganes aquest 'Personal Quadern de bitàcores' amb la idea de canalitzar la meva energia i compartir-la amb vosaltres. Una forta abraçada als que tornareu a llegir-me!