dimarts, 17 de març de 2009

それでも、恋するバルセロナ

もうすぐ、ウデイ・アレンの映画「ヴィキー・クリステイナ・バルセロナ」の日本語版が日本で公開されます。それで、私の事務所ではキャンペーンを行うことになり、今日、宣伝会社と打ち合わせをしました。とても感動的な話し合いでした。バルセロナは私の生まれた処なので、とても感激しているんです。去年の暮れにバルセロナに一時戻った機会にこの映画を見た時は、全然感激はしなかったのですが、今また日本で生活していてバルセロナのことを思うと、とっても望郷の念にかられるのです。日本ではこの映画のオリジナル・タイトルが替えられていて、「それでも、恋するバルセロナ」とされています。私は、この日本語タイトルが大好きです。この素敵な映画は、バルセロナだけでなくオビエドでもロケが行われました。バルセロナのとても素敵な場所が見られるので私はとっても嬉しいです。ああああああ~!美しいバルセロナ、大好き! ミラ邸の写真を見てください!きれいでしょう!それにペネロペとスカーレットはとっても素敵な女優なので楽しみです。それでは皆さん、6月には「それでも、恋するバルセロナ」を観てくださいね。