divendres, 25 de novembre de 2011

クリスマス日

クリスマス日になると、家族を集めって一緒に昼ご飯を食べます。クリスマス日の一般的な料理はまず、『Sopa de Galets』 というパスタスープです。次は鶏肉とかマガモ肉です。食べた後、必ずお菓子を食べます。皆さんはテゥロンやネウラスとか食べます。大きな家 族が集まっているので皆さんは喜んでいて、幸せな感じをもっているのであまり考えないでよく食べます。次の日は残った食べ物を食べます。次の日も 残ったお菓子を食べ続けます。一週間後、皆さんは太すぎたので、バルセロナジムのアプリケーションがよく増えてしまう!(笑)ピレネー村では、クリスマス の雰囲気は街より、奇麗です。雪の景色は素晴らしいし、伝統的なクリスマスマーケットは街のマーケットより、可愛い。 それに、ピレネーでは冬のスポッツをすることができるのでとっても面白くて楽しいで。私は子供ごろの思い出が沢山あります。家族と一緒にピレネー に遊びに行って、一週間でスキーをしたり、犬の橇を楽しんだり、あっという間に面白い時間を過ごしました。

1 comentari:

Anònim ha dit...

アンナちゃんへ

バルセロナはクリスマス日は家族が全員集まって、みんなで伝統的な料理やデザートを食べて、楽しく過ごす大切な日なんですね。
日本は家族で集まる人は少ないと思います。恋人のいる人は2人でロマンティックなレストランでディナーをして、プレゼント交換をします。その後、お話しながら街を散歩して過ごします。
恋人と過ごさない人は、友達同士でパーティを開いて、ワイワイ楽しく過ごします。
欧米のクリスマスの雰囲気(ふんいき)をまねして、日本流にアレンジした一つのイベントみたいな感じです。
ところで、写真のお菓子、前、アンナちゃんにお土産でもらったお菓子ですね。
なつかしいです。アーモンドが入っていましたよね?!とてもおいしかったです。
お菓子を食べ続けると太るということなので、気をつけてくださいね。
でも、アンナちゃんはとてもスタイルがいいので、一週間たべてもだいじょうぶですよ!
楽しいクリスマスを過ごしてください!