dilluns, 17 de maig de 2010

バルセロナのモンジュイック山

先週の土曜日にバルセロナでの博物館は夜まで開いていました。毎年一回、バルセロナでは博物館のパーティーを開き、博物館の入場券はいりません。その夜で色々な博物館は無料でした。バルセロナでの博物館の中では沢山美術館があり、MNAC を選びました。「MNAC」というのはバルセロナのゴティックやロマニック芸術について美術館です。カタルーニャ州の昔の芸術はまず、IX〜XIII世紀にロマンイック芸術があり、後でXIV〜XVI世紀はゴティック芸術がありました。その美術館の芸術の大部分はピリネーから移動させられました。ピリネーというのはカタルーニャ州とフランスの間である山脈です。ピリネーでは沢山小さくて古い教会がありました。その時代にその教会は色々な芸術の絵が持っていて、現在まで保存させました。さて、その美術品「絵画とか壁画など」は全て、良い保護するようにバルセロナの美術館に移動させられました。その美術館の所はとても奇麗で大きい宮殿であり、モンジュイックさんに位置しています。ところで、モンジュイック山で美術館の前に凄くて奇麗な泉があります。その泉の特徴は水を跳びながら音楽やカーラーを会わせます。そのショーの見本について興味があれば、私のビデオを見てください。素晴らしいです!泉の音楽のテーマはバルセロナオリンピックの歌でした。その歌の二人の歌手はとても人気で有名なモンセラットカバイェーとフレディマークリによって歌いられました。

1 comentari:

Anònim ha dit...

年に一回開かれる博物館のパーティー、とても素晴らしいアイディアですね。
大切な芸術作品を遠い昔から、バルセロナ美術館でずっと守り続けられている・・・。
素晴らしいです。
カタルーニャの人達にとっては、大切な宝物(たからもの・precious thing)ですね。
それから、モンジュイック山美術館の前にある泉って、とてもきれいですね。
ビデオも観ました。ライトアップされた噴水[ふんすい・fountain]ショー、
その中で、有名な歌手の歌声が流れるなんて、幻想的[げんそうてき・fantastic]で素晴らしい夜でしたね。
スペインという国は私たちが知らないことがまだ沢山あって、色んなことを楽しめる国なんだ~!
ますます、興味[きょうみ]が出て来ました。
また、新しい情報があったら、教えてね。
Tsurumi.K